【受講体験期#11】営業事務作業をPythonで自動化へ。一緒に頑張る仲間がいたのでモチベーションが維持できた

この記事では、実際にPython Start Labを修了された受講生のインタビューをお届けします!
今回お話を聞くのは、営業事務として事務作業の効率化を目指す、大國さんです。

運営スタッフ

大國さん、こんにちは。現在はどのようなお仕事をされているのか教えてください。

大國さん

製造業での営業事務をしています。具体的には、会議資料の作成や受発注業務を担当しています。

運営スタッフ

営業事務の自動化は、需要がありつつも社内リソースがなく自動化に悩んでいる企業が多くあると思います。それではインタビューよろしくお願いします!

自動化といえばPython カリキュラムが決め手

スタッフ: まず最初に、プログラミングを学ぼうと思ったきっかけを教えてください。

大國さん: 元々、会議資料作成の自動化をしたいという思いがありました。会社の上司がSEから営業になった方で、「事務作業の自動化をするならPythonがいいよ」と勧められ興味を持ったことがきっかけです。Pythonという言葉自体は、その時に初めて聞きましたね。会社から費用の補助も決まり、本格的にスクールで勉強することにしました。

スタッフ: 営業事務の自動化を課題にしている企業は多いですよね…「自動化ならPython」と聞いてから、スタートラボの受講を決めた理由は何ですか?

大國さん: 関西からもオンラインで受講できるスクールがよくて、インターネットで見つけたPythonのオンラインスクールを比較検討しました。スタートラボを選んだ一番の決め手はカリキュラムです。比較した中に詳しいカリキュラムを公開しているスクールがあまり多くなく、講義の内容に信頼感を持てたことが大きかったと思います。

自動化目指してDXコースも受講 アプリ制作も楽しい

スタッフカリキュラムが決め手とは嬉しいお言葉です!実際に受講してみていかがでしたか?

大國さん: やってみて、やはりプログラミングをしっかり習得するには講師から学ぶのは必須だと感じました。受講前に少しだけ独学で勉強したのですが、無料サイトでは”何でそうなるのか”が分からなくて…。入門コースで基礎から丁寧に解説して頂き、初めて理解できたことがたくさんあります。無料の練習問題などを解いてモヤモヤしていたことが明確になったり、そもそもの言葉の意味も教えていただき受講して良かったと思いました。

スタッフ: 初心者こそ基礎をしっかり、とはスポーツでもよく言われますよね。独学を経験された大國さんの言葉だとさらに説得力があります。カリキュラムが受講の決め手でしたが、実際に勉強して1番面白かったことは何ですか?

大國さんPythonを勉強して一番興味を持ったのはPandasですね。元々データの処理や自動化に興味があったので、Pandasはやってみてとても楽しかったです。入門コースでは基礎学習だけだったので、現在DXコースでより実践的な学習をしています。

スタッフ: DXコースも引き続き受講中なんですね!習得を目標としていた内容が楽しく学べたようで安心しました。その他の単元はいかがでしたか?

大國さん: 実は、20年以上前に独学でHTMLをやった経験があり、アプリに関する講義も楽しくて興味が出てしまって困ってます。
会社の業務とは別に、個人で保護猫に関する活動をしているんです。スタートラボでPythonを学びながら、自主的にウェブサイトを作ってみたんですが、Pythonを学んだ後だからこそ分かることも増えた気がします。当時は手探りで勉強していたので、今考えるとすごく大変なやり方をしていたと気づきました。独学の知識が断片的だったので、初めてプログラミングを体系的に学んだことで「こんな簡単に出来るのか」と知ったり「あぁ、そういう理由だったのか」と思うこともありますね。保護猫のウェブサイトの機能もこれから増やしてみたいと感じました。

何の為の勉強か 明確にして取捨選択をすることが大事

スタッフ: お仕事ではデータ分析の内容、個人の活動ではアプリ制作の内容が活かせそうとのことで素晴らしいですね!プログラミング学習とお仕事との両立で大変だったことはありましたか?

大國さん: 両立に関しては大きな問題はありませんでした。特別な状況だとは思うのですが、ちょうどコロナ禍で休業要請が出ていて、時間の融通が利いたこともあります。空いた時間でPythonの復習をしたり、夜のリアルタイム講義に出ながら学習をやり切れました。今は休業要請は無くなったので、仕事をしながらDXコースを受講していますが、実際の業務で試しながら勉強出来ればと思います。

スタッフ: コロナ禍で空いた時間を有効活用されたんですね。とてもしっかり学習された大國さんですが、これからPythonを勉強したい人へのアドバイスはありますか?

大國さんモチベーションを保つ環境が大事だと思います。私は会社を通した複数人受講でしたので、モチベーションの共有ができました。これは学習を継続する上で大きかったと思います。一緒に受講するメンバーがいない場合も、スタートラボはクラスで受講するので、他の人の質問などからやる気を出すこともできます。実際、私もクラスにいた学習の早い人を見て、「こんなことも出来るのか、私も頑張ろう!」と思えました。

スタッフ: 確かに、クラス受講にはオンラインでありながらモチベーションの共有ができるというメリットがありますよね。

大國さん: それから、なぜPythonを勉強するのかを明確にすることが大事だと思います。私の場合は自動化という明確な目標があったので、自分がフォーカスすべき内容や、分からなくてもスルーしていい内容が分かっていました。逆に、目的なく受講されている方は全てを理解しなくてはいけない気持ちになって大変だったと思います。

スタッフ: せっかく勉強するんだから全部出来るようになりたい!という気持ちが強すぎると、習得の前に力尽きてしまいそうです。自分の目的に必要な部分だけ取捨選択できると、学習がずっと楽になりますよね!プログラミング初心者は自分の出来ることややりたいことが分からない方が多いのですが、そんな中でもある程度やりたい方向性を考えておくといいかもしれませんね。

大國さん: 私は、やりたいことが明確だったんですが、受講してみてやりたいことが増えちゃったというパターンですが…!

スタッフ: ありがとうございます!笑 やりたいことが明確でも興味が増えちゃうのがプログラミングの可能性ですよね。それはそれで大変ですが、スタートラボとしては嬉しい限りです!現在は「DX入門コース」受講中とのことですが、やりたいことをどんどん実現していってくださいね!大國さん、ありがとうございました!

大國さんが選ぶ/

スタラボの Good

『ライブ講義』

元々出歩くタイプではないので、オンライン形式が受けやすく良かった。

スタラボの Bad

『カリキュラムの幅広さ』

機械学習が難しかった。
個人的には自動化がやりたかったのでなくてもよかった。

\Pythonを基礎から勉強したい方向け「プログラミング入門コースお気軽にご相談ください

無料カウンセリングを予約する