初心者でもできるPythonの始め方徹底解説! 環境構築不要のGoogle Colaboratoryなら超簡単!

初心者におすすめの無料サービス

Colaboratory(略称: Colab)は、Googleが提供するブラウザからPythonを書いて実行できる無料のサービスです。Google ドキュメントやスプレッドシートと同様に、自分のPCにインストールすることなく、Pythonのコーディングを可能にするサービスです。これまでプログラミングなんて全く触れたことがない!という方にとって、コーディング環境の構築は難易度が高く、始める前から挫折…という話もよく聞きます。まずは、簡単に使えるColaboratoryでプログラミングに慣れることから始めましょう!

無料のサービスですから、大きな開発やビッグデータの処理には制限がありますが、初心者には十分すぎる以下のような機能を備えています。

  • 環境構築が不要
  • GPU へ無料アクセスできる
  • ファイルを簡単に共有できる

この記事では、Python初心者がまず最初にすべきGoogle Colaboratoryの設定方法について解説します。設定にはGoogleアカウントが必要ですので、アカウントを持っていない方はまずは無料でアカウント作成をしてください。

Colaboratoryをアカウントに追加

  1. Colaboratoryへようこそのページを開きます。Colaboratoryへようこそのページ
  2. 次のページが表示されます。赤枠で示した「ドライブにコピー」を選択します。
PC画面

自分のDrive内にファイルを新規作成

3. 「Colaboratoryへようこそのコピー」というファイルが自分のGoogleDrive内に生成されます。

PC画面

4. 左上の∞アイコンから自分のDriveのトップページに戻ってみましょう。今コピーしたファイルがあるのを確認して下さい。
5. トップページ左上にある「新規」ボタンから「その他」の中に「Google Colaboratory」があるのを確認し選択して下さい。

PC画面

ファイルを新規作成すると、以下のような画面になります。
これでいつでもPythonをコーディングする環境が整いました!

PC画面

次回からは実際にGoogle Colaboratoryを使ってプログラミングを書いていきます!

\Pythonを基礎から勉強したい方向けの入門コース実施中!/