データ分析入門:最近よく聞くデータアナリストって一体どんな職業?

近年、データアナリストやデータサイエンティストを目指す方が増えているようです。
スタートラボでPythonを学ぶ方の中にも、データ分析を目標にされる受講生が沢山います。

では具体的に、これらはどういった仕事なのでしょうか?

データアナリストとは?

データアナリストとは、データを活用して企業が抱える諸問題を解決するための分析を担当する人を指します。
あれ、それってデータサイエンティストじゃないの?と思う方も多いと思います。実際には、データアナリストとデータサイエンティストに明確に定義された違いはありません。どちらの職種もデータを活用した課題解決を担うという意味で役割が重複する部分があります。簡単に言うと、データアナリストからIT技術に特化するとデータサイエンティストになるといった感じでしょうか。データアナリストとデータサイエンティストは求られる結果の方向性が異なるので、どちらが上位職という考え方はありませんが、一般的にはデータサイエンティストのほうがデータアナリストになるより難しいとされています。これにはデータサイエンティストにはデータ分析のほかにも、機械学習やネットワーク、業種・職種の専門知識を総合的に持ち合わせる必要があることが理由として挙げられます。

データアナリストは企業に対する課題解決を行う「コンサル型」とIT技術を駆使してデータ解析結果から方向性を提示する「エンジニア型」の2つに分類されることが多いです。

データアナリストに必要なスキルは?

データアナリストは大量のデータの収集や分析を行い、そこから課題を見つけ出し企業の役に立つ情報を引き出す仕事です。特に「この資格を持っていなければなることはできない」というものではなく、ビックデータを抱える専門分野を持つ企業や大学などの研究機関でデータ分析に関わる仕事を与えられれば、その時点でデータアナリストです。

逆に、そのような企業や研究機関に在籍していない(したことがない)人や実際に業務でデータ分析を活用した課題解決を行ったことがない人は、どんなに機械学習に詳しく統計に明るくてもデータアナリストと名乗るのは難しいでしょう。

それでは、これからデータアナリストを目指す人に必要なスキルセットは何でしょうか。大まかに3つに分類して紹介します。

データアナリストに必要なスキルセット3選

  • ビジネススキル
    経営知識、マーケティング手法、専門分野への知識、各種ドキュメント作成能力、ビジネス推進能力
  • 統計スキル
    統計学、数学、アルゴリズムの理解
  • ITスキル
    データベース(SQLなど)、プログラム言語、機械学習の知識

このスキルセットはすべてが完全な状態で必要というわけではありません。一分野でも詳細を理解していればデータアナリストとして採用される道が開けます。

まず何をすればいいの?

3つのスキルのうち、ビジネススキルに関しては、実際の経験や長い積み重ねで得られるものが多い為、なかなか習得が難しいスキルです。経営やマーケティング関連の本を読むほか、現在の職場で予算作成や事業計画、意思決定に近いマネージャー職に挑戦できるようであれば挑戦してみてもいいかもしれません。とはいっても、なかなかそんな環境を作れない、でもデータアナリストを目指したい!という方は、まずは、統計・数学を学習し、同時にITスキルを磨くのをお勧めします。

各スキルは実践で学び取るのが一番効率が良いことには変わりありません。しかし、未経験からデータアナリストに採用されるのは簡単ではないのも事実です。これからデータアナリストを目指す方々は、最初の入り口としてITスキルの習得をして、転職やキャリアップを積み重ねながら実践スキルを磨いていくのがよいかもしれません。

IT人材に関しては、各業界で人材不足が顕著になっており、IT人材を求めている企業が多くなっています。データアナリストに限らず、これからの時代を生き抜くにはITスキルの獲得が必須になり、プログラミングやデータ活用などのスキルは最も転職やキャリアップに直結するスキルの一つと言っていいでしょう。

スタートラボのDX入門コースなら、Pythonでの業務の自動化を習得できます。データアナリストへの第一歩としてもおすすめです。